忍者ブログ
nakamuの日記
[359]  [358]  [357]  [356]  [355]  [354]  [353]  [352]  [351]  [350]  [349
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日開幕した青森ねぶた祭りですが、その前の前の日のお祭広場を見てきました。
お祭広場とは、祭り本番コースの一部分に、実際の祭りさながらにねぶたに灯を点して展示するイベントです。
去年、東北新幹線開業記念イベントとして初めて開催されものですが、今年も同じく開催されました。
本番の祭りと違い、ねぶたが動かずに置いているので、写真撮影には持ってこいのイベントです。

DSC_0446_01.jpg①県庁ねぶた実行委員会
『美髯公関羽と老黄忠』
作:大白 我鴻 氏

日が暮れていよいよねぶたに灯が点り、勇猛果敢な武者人形に魂が篭ります!






DSC_0480_02.jpg②あおもり市民ねぶた実行委員会
『四面楚歌 覇王項羽の馬投』
作:京野 和鴻 氏

京野さん懇親の力作!
項羽に投げられる馬が素晴らしいです。
実に迫力のある仕上がりになっています。

DSC_0560_03.jpg③青森市役所ねぶた実行委員会
『勧善懲悪 龍神』 
作:外崎 白鴻 氏

我生会に新しい風を吹き込んでいる若手ナンバーワンの外崎さんの制作です。
大型ねぶたを作り始めて数年が過ぎ、安心感が出てきました。


DSC_0648_04.jpg④私たちのねぶた自主製作実行委員会
『太公望と周の文王』
作:相馬 寿朗 氏 & 私たち一同

私たちのねぶたとは思えないほどの出来栄えです。
その理由は我生会の相馬さんが中心となって制作したためのようです。
中央に配された魚が、太公望を良く表していると思います。

DSC_0726_05.jpg⑤東北電力ねぶた愛好会
『水滸伝 「林冲と王倫」』
作:穐元 和生 氏

ねぶたらしい立体感のある構図です。
やはり素晴らしい出来でした。
最も安心して見られるねぶたに仕上がっていましたね~。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新CM
[09/11 captive de cartier repliche]
[08/27 おざ]
[03/04 花火星人]
[02/23 たけ@東京]
[01/19 たけ@東京]
プロフィール
HN:
nakamu
性別:
男性
趣味:
旅行
自己紹介:
怪しい面倒くさいおじさん
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]