忍者ブログ
nakamuの日記
[149]  [148]  [147]  [146]  [145]  [144]  [143]  [142]  [141]  [140]  [139
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前日に引き続き福島県にある燧ケ岳(2,356m)登山です。
いよいよ東北最高峰にチャレンジ。
昨日の吹雪は嘘のように快晴^^

18bb6603.jpeg御池駐車場から7:00のバスに乗りスタート。
20分ほどで沼山峠に到着。
そこから尾瀬沼まで標高差の少ない木道を歩きます。
30分で大江湿原に到着。
まずここで典型的な尾瀬の光景に出会うことが出来ました。
尾瀬に来たんだなぁ~と強く実感する瞬間。
草紅葉が青空に映えるホントに良い景色です。


fcb29f6d.jpegそしてこれから登る燧ケ岳と尾瀬沼が一緒に見える絶景ポイントまで尾瀬沼沿いに20分ほど歩きます。
森を抜けると・・・この絶景!
わざわざ登山ルートを外れてまで来た甲斐がありますね~。




4e5f04c9.jpegそこからまた20分ほど戻り長蔵小屋から沼沿いに分岐し、浅湖湿原を横目に長英新道の登山道にさらに分岐していよいよ本格的な登山開始。
始めは森林の湿地帯の中を進み徐々に勾配がきつくなってきます。
ここが非常に苦しい部分でしたがミノブチ岳には11時45分に到着。
そこから尾瀬沼の全景がキレイに見られました。
苦しかったことを一気に忘れることが出来るような絶景。


adb463ae.jpegさらに進み、まずは俎嵓(2,346m)山頂を目指します。
そして俎嵓山頂には12時15分ころに到着。
暫く絶景に浸りたい気持ちを押さえて次の目的地を目指します。





7d2b4307.jpeg次の目的地は俎嵓山頂から一度下り、再び急坂の後にようやく燧ケ岳山頂である柴安嵓(2,356m)。
前日の雪で滑る急斜面を進み12時40分に到着。(写真は俎嵓から見た柴安嵓)
ここで絶景を眺めながらゆっくりと昼食にしました。
あまりの絶景に山頂に長居してしまった。




33287464.jpegそしてこれは山頂から見える尾瀬ヶ原。
紅葉したぶなの原生林に囲まれています。
やはり草紅葉がキレイ。





cd3b62ea.jpeg後ろ髪を引かれるところを押さえて下山開始です。
コースは御池までの最短コース。
850mの標高差を一気に下ります。
途中に熊沢田代と広沢田代の2つの湿原を越えて御池駐車場に帰ってきたのはちょうど16時半でした。
この日は延べ16kmの山行でした。(写真は熊沢田代)
2日目と言うこともあり本当に疲れましたが・・・ホントに良い天気に恵まれて久々に素晴らしい山行になりました。
これで21座目達成。残り79山・・・

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
燧ヶ岳!
花火星人は、浅草岳から燧ヶ岳を眺めてました(^_^)v
この、会津駒&燧ツアーいいですねぇ。
登山口近いですもんね。
花火星人も来年は・・・
花火星人 URL 2009/10/15(Thu)18:45:47 編集
Re:燧ヶ岳!
確かに会津駒&燧ツアーは登山口が近くて良かったです。
今度は是非初夏の頃に尾瀬近辺で登山したいですね~。
【2009/10/16 00:46】
Re:燧ヶ岳!
来年の活動計画に盛り込まなくては。
初夏の尾瀬、最高でしょうね~♪
夜は車中泊でもいいし、そこらへんにテント張っても
楽しめそうだし(*^_^*)
花火星人 URL 2009/10/16(Fri)18:31:23 編集
Re:Re:燧ヶ岳!
是非初夏に行きたいですね~!
そう言えばかなり寒いと思われる先週でも、会津駒の登山口駐車場に堂々とテント泊しているツワモノもいましたよ~(笑)
【2009/10/17 01:08】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新CM
[09/11 captive de cartier repliche]
[08/27 おざ]
[03/04 花火星人]
[02/23 たけ@東京]
[01/19 たけ@東京]
プロフィール
HN:
nakamu
性別:
男性
趣味:
旅行
自己紹介:
怪しい面倒くさいおじさん
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]