忍者ブログ
nakamuの日記
[267]  [266]  [265]  [264]  [263]  [262]  [261]  [260]  [259]  [258]  [257
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

d99f0819.jpeg今回は百名山をちょっとお休みして世界遺産へ行くことにしました。
青森と秋田の県境にある白神山地。
その主峰である白神岳(1,235m)です。
黒崎の登山口駐車場を6:06に出発。
閉鎖された舗装林道を進み、6:12に登山口に到着。



DSC_0019_02.jpg登山届けに記入して再出発です。







DSC_0025_03.jpg6:35に二股分岐に到着。
迷わず簡単なマテ山コースを選択します。






DSC_0042_08.jpg数箇所の水場を過ぎ7:00に最後の水場を通過。
三角点のマテ山(841m)には7:27に到着。
残念ながら山頂からの展望はありません。
10分ほどの休憩の後に再出発。




DSC_0046_04.jpgこの後笹の藪漕ぎが多数出現します。
それでも標高が950mを越えた地点からは、雲間から日本海が見られるようになってきました。





DSC_0060_05.jpgそして花も咲いていて、景色を眺めながら進む為にかなりの遅いペースです。







DSC_0073_06.jpg8:41に十二湖コースとの合流点である大峰分岐を通過。
ここからユネスコ世界遺産の核心区域に入ります。
また後にここが一生忘れられない場所となることに・・・





DSC_0098_07.jpgその後白神岳の最高地点横を通り過ぎて、三角点のある白神岳山頂には8:58に到着。
長めの休憩を取り朝食としました。
先行していた登山者2人に遅れること数十分の9:50に山頂を出発し下山開始。




そして大峰分岐に差し掛かった10:03・・・
東側の笹薮からガサガサと音が聞こえました。
(下から2枚目の大峰分岐の写真の後ろに見える笹薮が正にその場所です)
そしてすぐに「フォッ」「フォッ」を呼気を吐くような声が聞こえ始めました。
徐々に大きくなり・・・
ついに笹薮から熊がこちらに向けて飛びかかって来ました。
体長が1.3m(頭胴長)ほどの成獣です。
すぐに身構えて受身を取りました。
まず左手首を噛まれ、顔面を爪で引っ掻かれました。もの凄いパワーです。
そして取っ組み合ったまま笹薮に押し出しましたが、そのまま数mほど笹薮の緩い傾斜を転がり落ちました。
その後自分は熊に乗り上がられた格好になったので、熊の鼻先めがけて数回蹴り上げました。
すると何とか熊を1mほど先に蹴り飛ばすことに成功。
ところが、すぐに体勢を立て直した熊が笹薮内で自由に動くことの出来ない自分めがけて再び乗り掛かってきました。
何とか気持ちを持ち直し、再び鼻先めがけて何度も蹴り上げました。
また熊を蹴り飛ばして離れることが出来ました。
そして今度は笹薮の見えないところまで後退させることが出来ました。
まだ威嚇の声は発しています。

すぐに立ち上がり、滑る笹の上を何とか登り、登山道まで戻りました。
熊と遭遇してから1分後でした。
そこから走って登山道を150mほど下り、後ろから追いかけられていないことが分かったので一旦止まりました。
引っ掻かれた顔と噛まれた左手首からの出血により、自分は血まみれになっていました。
持っていた水で手と顔を洗い、テーピングで止血などの応急処置を行いました。
頂上から近いこの辺は携帯電話は圏外・・・連絡も出来ません。
(しかも自分の携帯電話は登山口からすでに圏外)
そのうちに下から登山者のおばさんが登ってきました。
顔面の止血を手伝って貰いました。
全ての応急処置に掛かった時間はおよそ15分。
その後、一刻も早く病院にたどり着けるように頑張って高速下山を開始。
結構な数の登山者の方とすれ違いました。20人以上はいたと思います。
その都度、熊が出没したことを説明し注意を喚起しました。

そして30分ほど下ったところで登山道の草刈り作業の為に登っている作業員の方に会いました。
そのうちの一人の方の電話が辛うじて通じたので、救急車を呼んで貰うことが出来ました。
再び救急車が来ることの出来る登山口を目指して高速下山を続けます。
そして10:21に登山道を登ってきた頂いた救急隊員の方々に会うことが出来ました。
応急手当の状態を見てもらい、出血は止まっているようなのでそのまま一緒に下山し、11:33に登山口に到着しました。
そこから救急車に1時間弱揺られ能代市内の救急病院に搬送されました。

3時間半ほど掛けて、手首・内膝・顔を消毒・縫合して貰い、その後4日間の入院で退院することが出来ました。
足蹴りによる格闘が功を奏したのか、幸いにも軽症ですんだようです。
この程度で済んで本当に運が良かったんだと思いました。

いずれにしても、間違いなく生涯で一番の恐怖体験となりました。
このブログを書いている最中も、背筋に寒気が走りっ放し・・・。

拍手[0回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
話を聞いたときは超びっくりでした。
大事にいたらなくてほんと良かったです。

でも、あなたは凄い。凄すぎます・・・・。
おざ 2010/07/08(Thu)08:38:23 編集
Re:無題
自分の目の前に熊の顔面が迫ってきた時には、流石にダメかと思いました…
【2010/07/08 23:55】
初めまして
初めまして。ケーコちゃんの友達と毎週登山をしてるマルツのつとむと申すものです。
ケーコちゃんに教えていただき読ませていただきました。

自分も格闘技をやってたものである程度の自信はあったのですが、想像以上に熊は「しつこい」んですね。

一回蹴り上げればもう逃げるのかと思っていたのですが、何度も襲ってくるのですね。

しかし‥ケガ大丈夫ですか。
かなり雑菌が多いらしいですね。熊は。

僕にはとても軽症とは思えないのですが、うーん‥
とにかくご無事?でなにより。
自分たちも気を付けてゆきます。情報ありがとうございます!

お大事に!!!
マルツのつとむ URL 2010/07/08(Thu)10:37:32 編集
Re:初めまして
初めまして。つとむさま。
コメントありがとうございます。
山友達がいない時には、今回のように単独行をしています。
是非今度はご一緒させて頂けないでしょうか?
格闘技経験など全く無い自分には、次は無いような気がします。
【2010/07/08 23:59】
大丈夫?
話を聞いた時はびっくりしましたが、
冗談抜きに、生きてて良かったよ・・・。
意外と冷静に対処していたナカムに驚くとともに敬服します。
熊鈴とかって役に立たないのかな?
take@東京 2010/07/08(Thu)11:14:36 編集
Re:大丈夫?
冷静ではありませんでしたよ…もうビビって無我夢中でした。
笹薮から聞こえたガサガサと言う音の直後から、熊の威嚇声が聞こえ始めたので、鈴の音は認識出来ていなかったものと思われます。
【2010/07/09 00:02】
鳥獣保護区
完全にアウエーでの闘いで
まさに九死に一生、生還して何より!
TACT 2010/07/08(Thu)23:17:56 編集
Re:鳥獣保護区
確かに生還出来て何よりです。しかも軽症でしたし。
時間が経つにつれて、恐怖感が強くなって来ました。
その辺の笹薮にも近づくことが出来ないほどの精神的にダメージを受けているみたいです。
【2010/07/09 00:04】
無題
いや~本当に良かった。これからは地上最強の男と呼ばせてもらいます。熊か・・・怖っ。早く怪我直してくださいね。
SEKI 2010/07/08(Thu)23:53:01 編集
Re:無題
地上最強だなんて…今は家の近くの草むらでさえ近づくことが怖いです。
精神的ダメージが大きいですね~。
【2010/07/09 00:08】
藤原喜明か、お前は
白神山地が国体予選だったら
1位通過できるよ、きっと。

韓国で話題にしといてあげたよー ^^
しば 2010/07/09(Fri)03:54:15 編集
Re:藤原喜明か、お前は
国体を目指すようになり、自分自身に莫大な投資をするようになり、こんなところで偶然出くわした熊なんかにやられてたまるか!と思い本当に死に物狂いで戦ったんですよ。そして本当の死の恐怖ってものを味わいましたね。民家近くの笹薮ですら、いまだに恐怖で近寄れませんよ。
【2010/07/13 15:05】
無題
完全に戦ってるね。。凄すぎる。。。 なにより無事で良かった。良かった。
tsune 2010/07/09(Fri)22:52:59 編集
Re:無題
マジで怖かったですよ。雄叫びを上げて全身血まみれになって戦ったのですから。恐らくもの凄い形相だったと思います。
【2010/07/13 15:07】
お見舞い申し上げます
ものすごい恐怖体験しちゃいましたね
猛獣ですよ熊は
軽傷で無事とのことで、少しはホッとしてますが
しばらく山行もお休みですね
今は養生してケアにつとめてください
kitasupo 2010/07/12(Mon)00:03:25 編集
Re:お見舞い申し上げます
ありがとうございます。
順調に回復しております。
本日抜糸出来ました。
【2010/07/13 15:07】
びっくり! 早くなおしてね。
ブログみてびっくり。いつもの山行だと思い、読んだら、以外と長文。。後半は凄すぎる格闘劇だったのがよくわかります。大事に至らずよかったです。
24日に岩木山方面にいくので、遭遇しないように(リタイヤ?)気をつけます。
1日も早い復活を期待します。
埼玉ランサー4号 2010/07/12(Mon)20:55:39 編集
Re:びっくり! 早くなおしてね。
ありがとうございます。

7/24はツールド東北ですね?
頑張って下さい。
【2010/07/13 15:10】
びっくり、、、、!!!
大丈夫ですか、、、、?
nakamuさんの潜在的戦闘能力はすごいですね。
その能力があれば国体も大丈夫でしょう。
私も熊の生活圏近くにいるので気をつけます。
まっしー 2010/07/14(Wed)05:50:36 編集
Re:びっくり、、、、!!!
無我夢中でした…
熊についてもっと勉強しておくべきでしたね~。
反省しております。
【2010/07/16 22:14】
なんともはや・・・
クマと格闘とは・・・
傷が軽傷ってことですが、4日入院でしょ・・・
近日社内EHS新聞に東北生活とクマのことを書いたばかりでしたので。。。
落ち着いたらクマについて聞かせてください。
今まではどう考えていたのか、今後はどう考えるのか・・・

P.S.1
ウィリーnakamu と呼ばせてもらいます。。。

P.S.2
札幌の知り合いが今知床半島でシーカヤック単独行してるので心配です、あそこはヒグマだし。
URL 2010/07/15(Thu)00:56:59 編集
Re:なんともはや・・・
まさか自分が熊と遭遇するとは思ってもいませんでした。
そしてもっともっと山について勉強をしてから山に入るべきだと強く思いました。
【2010/07/16 22:16】
いや やはり流石です
初カキコします 後輩の拓です
ブログ見てびっくりですが スゴイです 
やはり先輩はただものではないのですね
僕は普通の人ですので ひたすら敬服です

普段は自然と離れて生活してると実感ないですが 山に熊は居るものなんんですね
広島でも広島ビックアーチ(サッカースタジアム)の駐車場に熊出没したこともありますし 自然に対して注意は必要なのだと思い知らされますね
たぐ 2010/07/24(Sat)23:40:37 編集
Re:いや やはり流石です
書き込みありがとう。
イロイロな意味で、投資をしている自分自身を壊されるのが悔しくてたまらなかった…。
だから本気で熊を撃退するつもりで雄叫びを上げながら戦ったと思うよ。
軽傷で済んだけど、まだ噛まれた手は痛いし、神経も一部やられてるようで痺れも治らずなんだけどね。
そろそろ筋トレ主体のリハビリを開始しようかなと…
【2010/07/27 00:15】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
最新CM
[09/11 captive de cartier repliche]
[08/27 おざ]
[03/04 花火星人]
[02/23 たけ@東京]
[01/19 たけ@東京]
プロフィール
HN:
nakamu
性別:
男性
趣味:
旅行
自己紹介:
怪しい面倒くさいおじさん
バーコード
アクセス解析
ブログ内検索
フリーエリア
忍者ブログ [PR]